東急百貨店ネットショッピング

東急百貨店の公式ショッピングサイトです。

お中元・お歳暮・おせち・バレンタインデー・ホワイトデー・母の日・父の日のギフトショッピングなど。

大切な贈り物を安心してご購入いただけます。

デパチカグルメや人気のギフトアイテムなど、2000アイテム以上の品揃えを提供しております。

賀寿(長寿のお祝い)

賀寿とは、「還暦」、「古希」など長寿のお祝いの総称です。日本では奈良時代から中国の風習を取り入れ、江戸時代に一般的なお祝い事として広まったと言われています。賀寿は古くから数え年で行われてきましたが、最近では満年齢で祝う方が多くなっているようです。ご両親をはじめ、大切な方の長寿と健康を祈る賀寿。日頃の感謝を込めて、心に残る贈り物を選んでみませんか。

還暦のお祝いには、誕生した年に戻るという意味合いから赤いちゃんちゃんこなどを贈る習慣が古くからありましたが、現在では実用性の高い「赤い」ものを贈ることが多くなってきました。賀寿の贈りものには、その方の趣味や毎日の習慣、興味のあることなどライフスタイルに合わせて、使いたくなるような品物を選ぶのもおすすめです。たとえば、旅行が好きな方にはトラベルバッグ、ガーデニングが趣味の方にはプリザーブドフラワーに園芸グッズをプラスして。また、仕事にちなんだものを贈るのも喜んでいただけるでしょう。 相手の方の趣味や日常生活がわからない場合などは、縁起物をモチーフにしたものを選べばお祝いにぴったりです。

長生きのお祝いにこれまでの感謝と、これからの人生への願いを込めて、日頃言葉では伝えきれないあなたの思いを贈り物に託すのもいいですね。「ゆっくり過ごしてほしい」相手の方へは、肌ざわりの良いひざ掛けやガウンなど、日常的に使っていただけるアイテムはいかがでしょう。紅茶と洋菓子の贈り物寛ぎのひとときにも嬉しいですね。「いつまでもお幸せに」の気持ちを伝えるなら、ご夫婦やご家族の皆様へ幸福への”橋渡し”としてお箸や、末広がりを意味する傘や扇子などをセレクト。「ふたりで重ねる」という願いを込めて最中を贈るのも趣きがあります。

「若々しさ」を贈るなら、明るい色使いのお洋服や帽子、装いを華やかにしてくれるアクセサリー、エレガントなスカーフやストールなどがおすすめです。
「ずっと健康でいてほしい」という思いを伝えるなら、 毎日の散歩に便利な軽い素材のショルダーバッグや、ヘルシーな食生活のために自然食品を。龍神の魔力にあやかり、ネックレスやベルトなど「長い」アイテムも良いでしょう。

結婚祝い(おすすめギフト)

結婚のお祝いを選ぶ際には、新しい環境での生活などを考えた実用的な品物や、相手の趣味・嗜好に合ったプレゼントが喜ばれます。他の人からのお祝い品との重複も避けたいもの。親しい間柄であれば、事前に欲しいものを聞いておくこともよいでしょう。

食器や調理器具などのキッチン用品、家電製品など、いずれも自分たちでは買わないような高級なものや贅沢品がよく選ばれます。以前は、お皿などや包丁などの「割れ物」や「切れ物」は、結婚祝いとしては好ましくないと考えられていましたが、昨今ではあまり気にしない人も増えています。むしろ、高級な食器や包丁を贈られると喜ばれることもありますので、あまり神経質に考えなくてもよいでしょう。

結婚内祝い(おすすめギフト)

内祝いとは、もともとは身内や近しい人達に喜びを分かち合うお祝いのことで、赤飯を配ったり、宴会を催したりすることから始まったものです。現在の結婚内祝いは、披露宴に招待できなかった方や欠席された方からお祝いをいただいた際に、そのお礼として贈ることが一般的です。披露宴に参列された方でも、いただいたお祝いの額が大きい場合などには内祝いを贈ってもよいとされています。

慣習として、いただいたお祝いの半額程度の品を贈ります。ですが、いただいた金額に関わらず、皆さんに同じものを贈るケースも見受けられます。贈る商品に決まりはありませんが、予算や贈る相手のことを考えた品選びをするよう心がけましょう。消耗品や食器類のほか、相手に商品を選んでいただけるカタログギフトなどが人気です。

出産祝い(おすすめギフト)

出産のお祝いは、赤ちゃんのいる生活を考えて選びましょう。身内の方の場合は高級感のあるベビー服やベビーカーなどがよく選ばれます。しかし、ベビーカーが重複しても意味がないので、直接欲しいものを聞いておくのがおすすめです。友人や知人の場合は、たくさんあっても困らないベビー服などが人気。ただし、性別やご両親の趣味などを意識して選ぶようにしましょう。個人差はありますが赤ちゃんの成長は早いものなので、サイズにも注意しましょう。

また、おもちゃ類や絵本なども喜ばれます。さまざまな種類がありますので、他の方の贈り物と重複しないようによく吟味しましょう。最近は相手に品物を選んでいただけるベビーカタログギフトが人気です。出産の経験がある人に、もらって嬉しかったものは何かを聞いてみるのもおすすめです。ママやパパ向けの贈り物を選ぶのもいいですね。

出産内祝い

内祝いとは、もともとは身内や近しい人達に喜びを分かち合うお祝いのことで、赤飯を配ったり、宴会を催したりすることから始まったものです。現在の出産内祝いは、出産祝いをいただいた方に、そのお礼としてお返しを贈ることが一般的となっています。

昔は、紅白餅や赤飯、カツオ節などを贈ることが多かったのですが、現在では特に決まった品物はありません。日常的に使うものや、いくつあっても困らないものなどがよいでしょう。贈る相手のことを考えた、感謝の気持ちのこもった品物を選びましょう。なお、地域によっては、風習として出産内祝いの品物が決まっている場合もあるようです。気になる方は、親御さんや地域の方に聞いてみるとよいでしょう。

快気祝い(おすすめギフト)

快気祝いは、「病気が残らないように」という想いを込めて、後に残らない食品や消耗品などを贈るのが一般的です。食べ物や飲み物、お菓子、調味料などのほか、石けんや洗剤などの洗い流してしまうものもよく選ばれます。

会社などの複数人のグループからお見舞いをいただいた場合は、数の多いお菓子やコーヒー、お茶など全員に行き渡る飲食物がおすすめです。

弔事返礼(おすすめギフト)

昔は消耗品が用いられることが一般的でしたが、最近では実用的なものも多く選ばれています。主なものとしては、銘茶、菓子、石けん、タオルなどが挙げられますが、あらゆるものが使われているのが現状です。

ただし、あまり派手なものは避けた方が無難です。また、特にお世話になった方には、直接お持ちになる方がよいでしょう。なお、葬儀のときにお世話になった方への返礼は、別途適当な金品に感謝の意を表すようにします。

>> 東急百貨店ネットショッピングをチェックする <<