【バレンタイン特集2021】ピエール・エルメ・パリ

PIERRE HERMÉ PARIS(ピエール・エルメ・パリ)

ピエール・エルメ・パリ PIERRE HERMÉ PARIS オンライン ブティック。


>> PIERRE HERMÉ PARIS(ピエール・エルメ・パリ)

21世紀のパティスリー界を先導する第一人者ピエール・エルメの洋菓子を全国一律 送料720円でお届け

ピエール・エルメ・パリがお届けする2021年バレンタイン

光り輝くジュエリーのようなショコラから心のこもったハート形のケーキまで、ユーモアと独創性あふれるコレクションです。

パリを拠点に活動するクリエーターフロランス・バンベルジェ (Florence Bamberger) による優美さと溌剌さを兼ね備えたデザインが彩りを添えます。

バンベルジェとの関係は2012年に遡ります。

以前よりピエール・エルメ・パリのメゾンと、その優雅さ、大胆さ、オリジナリティを高く評価していた彼女は、当メゾンでジュニア・アート・ディレクターとして書籍プロジェクトに数ヶ月携わりました。

今回、彼女は、ピエール・エルメの創り上げる味覚の最上の喜びへの賛辞と、ピエール・エルメが持ち合わせる色彩の名人という側面への敬意を込め、イスパハンやサントノレ、マカロン、ショコラやアイスクリームを彩り豊かに描きました。

そこに当メゾンを象徴するモチーフの一つであるリーフを巧みに組み合わせ、あたかもスイーツの庭園のようなデザインを作り上げたのです。

青々と生い茂るリーフに覆われたその庭園は、スイーツ愛好家だけが辿り着くことのできる秘密のパティスリーなのです。

ピエール・エルメ・パリ
>> PIERRE HERMÉ PARIS(ピエール・エルメ・パリ)

MACARONS マカロン

ピエール・エルメ・パリのマカロンは、小さいながらも私たちの心を捉えて離さない洗練された珠玉のお菓子。

ふっくら盛り上がった優美な姿態、外側のさくさくした歯ざわり、それに甘く優しい中身が見事なハーモニーを奏でて至福のひとときを演出してくれるのです。

ピエール・エルメ・パリ
>> PIERRE HERMÉ PARIS(ピエール・エルメ・パリ)

あなたの人生のワンシーンにいつもピエール・エルメ・パリがいます。

新しい一歩を踏み出すときや、ずっと記憶に留めておきたいセレモニー、そして大切な人を祝福するとき。

人生の節目のシーンを安心してお迎えいただけるよう、喜びあふれる味覚をお届けするプライベートデリバリーがはじまります。

ピエール・エルメ・パリ
>> PIERRE HERMÉ PARIS(ピエール・エルメ・パリ)

ショコラの理想状態を追求した作品群が一堂に会し、ありとあらゆる切り口からカカオの本質に迫ります。

期間限定の心躍る色鮮やかなデザインBOXに入れてお届けします。

ピエール・エルメ・パリのショコラへのこだわり

  • ショコラティエとしてのピエール・エルメ

    優れたショコラティエでもあった父親の工房で、陶然たるカカオの香りを初めて嗅いだ頃から現在に至るまで、ピエール・エルメは倦まず弛まず、型から流れ出る材料をせっせと削り落とし続けています。

    気位が高くて妥協を許さないカカオという素材は、「いい加減に扱われる」ことには我慢がなりません。

    彼はそんなカカオの特性を学び、理解し、分析する努力を決して怠ってはいけないと肝に銘じています。

    「ショコラの制作とは自己献身の作業にほかならない」とピエール・エルメは断言するのです。

  • ボンボン ショコラに見える完璧なデザイン構成

    “味覚の喜びだけが唯一の指針”をモットーとするピエール・エルメは常に優れたクオリティーの素材を使いつつ、寸分たがわぬ正確さと厳密さは言うに及ばず、一流錬金術師のような技量をもってフレーバーを組み立てる点では決して妥協しませんでした。

    かくして、彼が織り成すテクスチャーは完璧なデザイン構成になっているのです。

    「ショック ショコラ」あるいは「ウーヴル トワ」など、いずれのボンボン ショコラもそうなっています。

  • 素材と創作への飽くなき探求

    愛しいショコラには命を吹き込みたいと思います。

    ショコラは私の人生の一部を成してきたのですから。

    私の心の中には、美食に対する情熱の火が、日々絶えることなく燃え続けています。

    私は味覚の喜びを唯一の指針として、材料を削ったり、組み立てたり、操作したりします。

    また、カカオ豆の収穫状態を勘案しながら、最高品質のショコラの探求を試みます。

    そして、新たな発見を得るうちに自分の嗜好が進化して、格別な「ショコラの理想状態」に導かれるのです。

>> PIERRE HERMÉ PARIS(ピエール・エルメ・パリ)をチェックする <<